広沢工業株式会社生産力・技術力ニューコンセプト型会社案内生産設備紹介お見積・お問い合わせトップ
商    号 広沢工業株式会社
本    社 東京都大田区蒲田1丁目9番9号
TEL 03-3733-2661(代)  FAX 03-3736-1490
秋 田 工 場 秋田県秋田市御所野湯本4-1-1
TEL 018-839-4888(代)  FAX 018-839-4224
設    立 昭和21年4月
役    員 代表取締役社長  広沢 孝昭
専務取締役      畑山 征一
取締役秋田工場長 西舘 信立
資 本 金 4,550万円
事 業 内 容 金属プレス加工及び組立
年    商 10億
従 業 員 数 42名
取引銀行 東京三菱銀行 蒲田支店
主要取引先 富士ゼロックス株式会社
富士写真フイルム株式会社
鈴鹿富士ゼロックス株式会社
富士機器工業株式会社
岡谷富士光機株式会社
日本ビクター株式会社
株式会社荏原電産
株式会社ケンウッド


昭和21年4月 神奈川県小田原市に広沢工業所を創立、日本ビクター叶齣ョ工場として、ラジオ部品製造を開始。
昭和26年1月 発注量の増大にともない、現在地(東京都大田区蒲田)に移転。
昭和27年7月 広沢工業有限会社に組織変更。
ラジオ、テレビ、ステレオ、映写機、拡声機、写真機、引伸機の部品を製作。
昭和37年4月 広沢工業株式会社に組織変更。当初資本金100万円。
昭和45年9月 会社規模拡大にともない、資本金1,050万円に増資。
昭和46年4月 富士ゼロックス鰍ニ取引開始。複写機部品を制作。
昭和51年6月 神奈川県茅ヶ崎工場の用地取得。
昭和52年9月 日本ビクター鰍フ創立50周年記念にあたり、品質、納期、VE提案が認められ、感謝状を受領する。
昭和55年8月 東京蒲田第2工場が落成する。
昭和60年11月 富士ゼロックス滑C老名工場“改善特別賞”受賞。
昭和61年12月 富士ゼロックス滑竰ホ工場“改善努力賞”受賞。
昭和62年9月 代表取締役に広沢孝昭、取締役会長に広沢富夫就任。
平成元年10月 秋田県、秋田市誘致企業に指定を受ける。新都市御所野に工場建設。
平成2年4月 秋田工場完成。資本金4,550万円に増資。
平成14年7月

それまでの金型の常識を変えたニューコンセプト型の開発成功。

現在にいたる。

PAGE TOP

コピーライト 広沢工業株式会社